覚醒剤の使用方法は注射あぶりが主流です。 シャブには絶対手を出してはいけません!
覚せい剤の相談をお受けします
元薬物取締担当刑事が 悪魔の薬 覚醒剤を斬る!
このサイトは覚醒剤など違法な薬物でお悩みの方、子供の薬物問題で頭を抱えておられるお父さん、お母さんの力になるべく作られております。
興味本位での閲覧はご遠慮下さい  管理人
T O P 覚せい剤とは 早期発見のポイント 覚せい剤を断つ 相 談
覚醒剤とは
[現状]
化学合成で作られる覚醒剤は、水に良く溶ける無色または白色の結晶・粉末です。摂取方法は従来、静脈注射でしたが、最近は吸煙による使用や通称「ヤーマ」と呼ばれる錠剤型覚醒剤の服用使用もも増加中です。これらの方法は注射使用の「暗くて悪いイメージ」がないことや、注射痕などの痕跡が残らないことを理由に若者の間では主流化しつつあるのも現状です。
[使用方法]
(1) 静脈注射
(2) アルミホイルやガラスパイプ(通称 ガラパイ)に置いた覚醒剤を、ライターの火であぶり煙を吸う(通称 あぶり)
(3) 錠剤型覚醒剤(ヤーバー、ヤーマ)の服用
(4) 結晶を刻んで粉末状にすり潰し、鼻から吸って鼻粘膜から吸収(通称 スニッフ、スニッフィング)
(5) 飲み物に覚醒剤を溶かして飲む
(6) 覚醒剤を少量の水に溶かして、女性性器や肛門に塗りこむ
[作用と害]
覚醒剤を使用すると、一時的に中枢神経を興奮させる作用があるため、気分が爽快になり、疲労感や倦怠感がなくなりますが、作用が切れてくると急激な疲労感、脱力感に襲われます。また覚醒剤には精神的依存性があり、乱用すると
○身体的障害
脳、神経、呼吸器、肝臓、腎臓などの障害
○精神的障害
幻覚や妄想などを引き起こす障害
○社会的障害
覚せい剤の乱用が原因で殺人、強盗、放火など凶悪事件を引き起こす障害
等生じる場合が多い
次のページでは 早期発見のポイント について詳しく説明します
覚せい剤でお悩みの方はシーガルにご相談下さい
Copyright(C)2006 覚せい剤の相談所 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system